長崎県難病支援ネットワークの事業概要


長崎県難病支援ネットワークは以下の3つの事業が中心です。

事業の実施は難病医療コーディネーターが行っています。
なお、プライバシーは厳守しております。他への公開等はございませんのでご安心下さい。

@入転院往診医紹介

 患者様やご家族から「入院」「転院」「往診」のご希望が出た場合に、ネットワークで受け入れ先の病院や診療所等を探してご紹介します。
 また、専門の病院や患者様のお近くの医療機関等もご紹介しております。
 ご質問・ご相談等がありましたら、電話・FAX・E-mailで療養相談と同様に受け付けております。

 
A療養相談

 日常の診療や保健所、その他の医療・保健・福祉の対応では解決できないような問題に関して、難病医療コーディネーターが、電話・FAX・E-mail・面談を行って、ご質問やご相談に応じています。
 面談は事前に予約が必要です。また、面談場所は以下の通りとなっています。

 ●月〜金曜日   :(拠点病院)長崎川棚医療センターにて。
 ※ただし、ご相談される方のご希望により、各医療機関へもお伺いしています。ご相談下さい。

 ●電話・FAX・E-mailによるご相談は、常時、受け付けております。ただし、難病医療コーディネーターの不在時は、留守番電話になっておりますので、ご連絡先等をお話し頂ければ、戻り次第おかけ直し致します。

※ご質問・ご相談は下記まで
(月曜日〜金曜日 8:30〜17:00土日祝日は不在です。)

電話:0956−20−6226
FAX:0956−20−6234
E-mail  nanbyo-nagasaki@cronos.ocn.ne.jp    
所在地  長崎県東彼杵郡川棚町下組郷2005-1
 
B研修会・広報活動

 難病医療研修会を登録医療機関や行政機関等の医療・保健・福祉従事者を対象として、難病についての理解を深めていただくために、県内各地で行っています。
 また、このネットワークを患者様・ご家族の方々、皆さんに知っていただくために、県ホームページ等でお知らせをしています。また、医療機関の外来等にはポスターを掲示させていただいています。
 その他、特定疾患医療受給者証の新規者・更新時にはご案内致しております。